社会派ウェブ情報局
ソサエティサイエンスジャーナル

ソサエティサイエンスジャーナル

パーソナリティーのイプシロンが現在世界で起きている様々な出来事や日々進化する科学技術の話題を、毎週3つのテーマに沿ってお話しする社会派情報番組。

制作:レディオ与一 本局

番組の概要

放送回

第 444 回

出演

イプシロン(吉岡優一郎)

放送日

2015/06/07 〜

放送時間

00:41:46

テーマ

中東を起源とする呼吸器感染症MERSが韓国でパンデミック。
憲法審査会の参考人質疑、安倍内閣による安保法制で自民党推薦の憲法学者を含め全員が憲法違反の判断。

番組制作局/提供

レディオ与一 本局


番組の説明

憲法審査会の参考人質疑で与党推薦の学者までが安倍内閣における集団的自衛権の憲法判断を違憲としたのは驚きでした。そもそも各党が学者を推薦する理由は自分たちの主張を裏づけてくれる学者を連れてくることが目的としてあるわけで、それが真逆な主張をされてしまっては政党がまとめた政策が真っ向から否定されてしまうことを意味してしまいます。安保法制の今後の動向に注目したいと思います。


番組拡散にご協力ください。

今回の放送が楽しいと思っていただけましたら、番組の拡散にご協力ください。下記のソースをコピーしていただくことで、皆さんのブログ上に今回の放送を貼り付けることができます。


コピーボタンを押してBLOGの管理画面などから貼り付けることで、ブログ記事にプレイヤーを埋め込むことができます。
ただしIFRAMEタグを禁止している一部ブログサービスや、WordPressのセキュリティプラグインによっては埋め込むことができない場合もあります。

その他の放送回

第 449 回放送日:2015/07/12 01:00
テーマ:ギリシャ経済危機、国民投票がEU案否決。川内原発再開へ。
出演:

第 448 回放送日:2015/07/05 01:00
テーマ:自民党報道威圧と太田出版・絶歌出版批判の相関性について。 新幹線車内で老人が焼身自殺テロ。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 447 回放送日:2015/06/28 11:00
テーマ:5年ぶりにさだ君こと広島大学病院・貞森拓磨先生が登場。新救急医療システムなど...
出演:イプシロン(吉岡優一郎)、貞森拓磨(広島大学病院医師)

第 446 回放送日:2015/06/21 01:00
テーマ:選挙権年齢が18歳以下に引き下げ。 大阪梅田地下道で営業中の串カツ屋『松葉』が自主退去。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 445 回放送日:2015/06/14 01:00
テーマ:ウイルス感染のため年金に関する情報が外部へ流出 安保法制について考える
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 443 回放送日:2015/05/24 01:00
テーマ:住民投票僅差の否決で大阪都構想終結。片頭痛治療で心臓手術!?
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 442 回放送日:2015/05/19 01:00
テーマ:安保法制、新法及び改正案を国会へ提出。シャープが大幅減資を含む再建案をまとめる。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 441 回放送日:2015/05/10 01:00
テーマ:全国の保育所で2004年から2014年まで160人超の死亡事故。 大分高崎山で生まれた猿の赤ちゃんにシャーロットと命名したところ批判殺到。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 440 回放送日:2015/05/03 01:00
テーマ:安部首相が米国上下院で演説、 東京女子医大病院と群馬医大が特定機能病院取り消しへ。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 439 回放送日:2015/04/26 01:00
テーマ:放射性物質を積んだドローンが首相官邸屋上で発見。 安倍談話、村山談話を踏襲もお詫び盛り込まず。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

ソサエティサイエンスジャーナル 全放送回は、こちらから

番組へのお問い合わせ

番組へのお問い合わせフォームです。下記フォームに記入の上、送信ボタンを押して下さい。

あなたのメールアドレス
あなたのお名前
題名
本文

番組へのコメント

           

レディオ与一より放送の各番組では番組をお聴きいただいた皆様からのコメントをFacebookの機能を利用して募集しております。番組内での気になったことや疑問点、あるいは感想などを下記コメント欄よりお寄せ下さい。なおFacebookアカウントをお持ちでない方のコメントはできません。ご了承くださいませ。

社会派ウェブ情報局
ソサエティサイエンスジャーナル

ソサエティサイエンスジャーナル

パーソナリティーのイプシロンが現在世界で起きている様々な出来事や日々進化する科学技術の話題を、毎週3つのテーマに沿ってお話しする社会派情報番組。

制作:レディオ与一 本局

番組の概要

放送回

第 444 回

出演

イプシロン(吉岡優一郎)

放送日

2015/06/07 〜

放送時間

00:41:46

テーマ

中東を起源とする呼吸器感染症MERSが韓国でパンデミック。
憲法審査会の参考人質疑、安倍内閣による安保法制で自民党推薦の憲法学者を含め全員が憲法違反の判断。

番組制作局/提供

レディオ与一 本局


番組の説明

憲法審査会の参考人質疑で与党推薦の学者までが安倍内閣における集団的自衛権の憲法判断を違憲としたのは驚きでした。そもそも各党が学者を推薦する理由は自分たちの主張を裏づけてくれる学者を連れてくることが目的としてあるわけで、それが真逆な主張をされてしまっては政党がまとめた政策が真っ向から否定されてしまうことを意味してしまいます。安保法制の今後の動向に注目したいと思います。


番組拡散にご協力ください。

今回の放送が楽しいと思っていただけましたら、番組の拡散にご協力ください。下記のソースをコピーしていただくことで、皆さんのブログ上に今回の放送を貼り付けることができます。


コピーボタンを押してBLOGの管理画面などから貼り付けることで、ブログ記事にプレイヤーを埋め込むことができます。
ただしIFRAMEタグを禁止している一部ブログサービスや、WordPressのセキュリティプラグインによっては埋め込むことができない場合もあります。

その他の放送回

第 444 回放送日:2015/06/07 01:00
テーマ:中東を起源とする呼吸器感染症MERSが韓国でパンデミック。 憲法審査会の参考人質疑、安倍内閣による安保法制で自民党推薦の憲法学者を含め全員が憲法違反の判断。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 443 回放送日:2015/05/24 01:00
テーマ:住民投票僅差の否決で大阪都構想終結。片頭痛治療で心臓手術!?
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 442 回放送日:2015/05/19 01:00
テーマ:安保法制、新法及び改正案を国会へ提出。シャープが大幅減資を含む再建案をまとめる。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 441 回放送日:2015/05/10 01:00
テーマ:全国の保育所で2004年から2014年まで160人超の死亡事故。 大分高崎山で生まれた猿の赤ちゃんにシャーロットと命名したところ批判殺到。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 440 回放送日:2015/05/03 01:00
テーマ:安部首相が米国上下院で演説、 東京女子医大病院と群馬医大が特定機能病院取り消しへ。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 438 回放送日:2015/04/12 01:00
テーマ:横浜の学校校長がフィリピンで1万2千人の女性を買春。 日本はAIIB(アジアインフラ投資銀行)に参加せず。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 437 回放送日:2015/03/29 01:00
テーマ:ドイツの航空機がフランス山中で墜落。副操縦士が搭乗客巻き込み自殺!? 渋谷区で同性婚を認定するパートナーシップ条例を議会に提出。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 436 回放送日:2015/03/22 01:00
テーマ:チェニジアの博物館で襲撃テロ、邦人3名が死亡。鳩山由紀夫元首相が政府の静止を押し切ってクリミアを訪問。マスコミやネットでは鳩山氏の親ロシアの姿勢に批判が集まる。クリミア問題と沖縄問題、報道姿勢のダブルスタンダードを考える。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 435 回放送日:2015/03/15 01:00
テーマ:大阪-札幌を結ぶトワイライトエクスプレスが3/13を持って廃止。3/14からは北陸新幹線と上野東京ラインが開通。線虫ががんを発見? がん患者の尿一滴から高確率でがんの診断が可能に。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

第 434 回放送日:2015/03/01 01:00
テーマ:全世界でイスラム勢力によるテロが多発。少年による凶悪事件、少年法改正問題。
出演:イプシロン(吉岡優一郎)

ソサエティサイエンスジャーナル 全放送回は、こちらから

番組へのお問い合わせ

番組へのお問い合わせフォームです。下記フォームに記入の上、送信ボタンを押して下さい。

あなたのメールアドレス
あなたのお名前
題名
本文

番組へのコメント

           

レディオ与一より放送の各番組では番組をお聴きいただいた皆様からのコメントをFacebookの機能を利用して募集しております。番組内での気になったことや疑問点、あるいは感想などを下記コメント欄よりお寄せ下さい。なおFacebookアカウントをお持ちでない方のコメントはできません。ご了承くださいませ。